患者

女性は40代を過ぎたら更年期障害を意識しよう

便を調べる必要性

カウンセリング

検便検査は、便潜血反応を調べたり細菌を調べる検査です。便潜血反応が陽性なら痔や消化管出血する病変があるかもしれないので精密検査を行います。細菌検査は赤痢菌やサルモネラ菌など他人に伝染する菌がいないか検査します。

もっと読む

更年期を迎える女性の病

先生

アンチエイジング効果

更年期障害で気を付けなければならないのは、身体科である婦人科医の情報不足で見逃されたり、心身症タイプの自律神経失調症の女性などもいる点です。更年期に起こるから更年期障害で片付けてしまう安易な考えや検査には注意する必要があり、更年期は女性にとって非常に重荷を背負いやすい時期です。そのストレスから心身症としての自律神経失調症や更年期うつ病を発症しやすくなります。中でも近年、社会的にも問題視される更年期うつ病は1日床にふせるほどに脱力感があり、更年期障害同様、抗うつ薬が効果を発揮してくれます。またホルモン補充療法などの治療では長期の計画的な対応によって、老化防止になったり、動脈硬化を予防するなどのアンチエイジングにも働きかけられます。

内科や婦人科で診察

女性は閉経を迎える時期を挟んだ45才から54才くらいまでに更年期を迎えます。人によってこの時期に様々な不定愁訴が現れ、卵巣機能の老化の過程で起こる心身の多彩な症状を呈する病態に陥りやすくなります。更年期障害と呼ばれておりその訴えは、のぼせやほてりなどのホットフラッシュなどの身体症状だけではなく、多くの女性は不眠や気分の落ち込みなどの精神的症状も伴っています。内科や婦人科で検査することで、動脈硬化や子宮筋腫などの病気を早期発見することもできます。現在の症状を軽くしたいのか、それとも高齢期にかけて引き起こりやすい骨粗鬆症などを予防するのか、様々な治療法が展開できるのも利点です。性ホルモン剤による治療に抵抗がある場合には、理学療法や心理療法なども利用できます。

耳が聞こえにくくなる腫瘍

女性

聴神経腫瘍は聴神経の周りの細胞から発生する良性の腫瘍です。聴神経腫瘍ができると片方の聴力低下があらわれ、腫瘍の増大とともに、麻痺や意識障害などがあらわれます。治療は手術により腫瘍を切除し、その後放射線療法を行います。

もっと読む

二十人に一人が持つコブ

看護師

脳動脈瘤は脳動脈が膨張して、コブのような状態になった事を指します。これが破裂するとくも膜下出血となりますが、割合としては二パーセント以下です。基本的に経過観察で様子を見て、異常が確認されれば外科的な治療に踏み切り治療します。

もっと読む